火災報知器の設置 松戸市F様 

最近の出来事ですが、

トラストデンキ前のバス停で待ち時間に、タバコを吸う利用者の方が増えつつあります。

azumasmoking.jpg

 

禁煙者と喫煙者のご利用の為に、店舗の建物の右端にある自動販売機の裏側に

禁煙者専用バケツを設置し、分煙エリアを設けてあります。

喫煙者の方々は、喫煙場所で喫煙お願いします。

ポイ捨てもやめましょう!

皆様のご協力で地域のモラルとマナーの向上をしていきましょう!!

 

canvendingkanban.jpg

 

新しく禁煙所案内の看板も作成致しました。

こちらは「禁煙スペースはこの裏にあります→」です。

kinenspace.jpg

 

こちらは「Smoking Area」です。

smokingarea.jpg

 

この電柱の下に置かれている赤いバケツが喫煙者専用バケツです。

toilet.jpg

ご協力宜しくお願い致します。

 

さて、このような禁煙所では火の用心を心掛けなければなりませんね。

 

1526018.jpg

 

トラストデンキ

 

047-710-5185

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

img_0.jpg

 

昭和時代生まれの私たちが子供の頃は、石油ストーブの上でお湯を沸かしたり、

お餅を焼いたりしていましたが、それが火災の原因になることもありました。

 

平成18年6月1日から消防法(←クリック)により火災報知器の設置義務付けられています。

この日以降、新築工事や改築工事を着工する住宅は全て対象になりました。

 

しかし、まだ火災報知器を取付けをされてないお宅がありましたら、是非この機会に火災報知器の取付をおススメ致します。

 

消防法(←クリック)の規定では、新築、既存問わず、全ての住宅に火災警報器の設置が義務付けられますが既存住宅に関しては、

即座に設置を行わなければならない訳ではなく平成20年6月1日から平成23年6月1日の間で設置義務化の期限が定めらます。

その期間までには必ず設置をしなくてはなりません。

 

house.jpg

  (画像提供元:http://www.city.tsuruoka.lg.jp

 

火災報知器 早わかりガイド(セコム)(←クリック)もご参考になさって下さい!

 

こちらは平成28年9月に松戸市在住F様邸での火災報知器取付工事の際に撮影した写真です。

 

火災報知器電気横.JPG

 

火災報知器には2種類あり、「煙式(光電式)」「熱式(定温式)」があります。

 

こちらの下の写真の火災報知器「煙式(光電式)」のものです。

 

火災により発生する煙を感知する火災警報器

火災の初期から発生する煙を検出し早期に発見できる為、特別な理由がない限り煙式を設置するのが基本です。

 

火災報知器のみ.JPG

 

こちらの下の写真の火災報知器「熱式(定温式)」のものです。

 

火災により上昇する熱を感知する火災警報器

台所などで大量の湯気や煙が出る恐れがある場合に設置します。

 

火災報知器のみ2.JPG

 

火災報知器についての詳しい情報は<住宅用火災報知器の選び方(セコム)>(←クリック)をご参考になさって頂ければと思います。

 

火災報知器ライト横.JPG

 

 

火災報知器の事もトラストデンキまでお気軽にお問合せ下さい。

 

 

プロの電気工事.jpg

 

トラストデンキ

 

047-710-5185

 

 

FACEBOOK

 

 

LINE