シーリングファンの気流効果で暖かく

12月とはいうものの運良く連日暖かく過ごしやすい日が続いておりますが、やはり冬は昼と夜で気温の差が激しく日没後にはかなりの寒さを感じますね。

 

そこで今日、皆さまにお伝えしたいのがシーリングファンによるサーキュレーション効果気流効果についてです。最近は戸建てでも吹き抜けがあるお家やマンションでも比較的に天井が高い物件も増えつつあり、どんなに暖房の設定温度を上げても体感温度は低いままという問題が生じることがあります。吹き抜けがある場合、冬の時期には暖かい空気が上昇したまま天井付近にとどまりお部屋が中々温まらないという現象も起きてしまいます。シーリングファンはスイッチ1つで正時計回りと反時計回りを切替できるので、冷たい風や暖かい風を部屋の中で循環させることができるのです。

 

今回ご紹介するのは平成28年11月上旬に行われた流山市在住のM様邸でのシーリングファン設置工事の際に撮影した写真です。

 

P7050047.JPG

 

※では、シーリングファンを設置することによってどのような効果を得られるのか少しだけご説明致します。

 

<サーキュレーション効果で、温度のムラを解消します。>

冬の時期には、暖房の効きにくい吹き抜けや高天井空間や、 空気対流の少ないマンションなどには、特に効果的です。

 

siling1.png

  (画像提供元:http://www2.panasonic.biz)

 

<気流効果で、体感温度が変わります。>

夏の時期には、気流効果で体感温度が下がることで、冷房設定温度を上げることができます。また、冷房の運転時間を短くすることでき省エネにもなります。

 

siling2.png

  (画像提供元:http://www2.panasonic.biz

 

 

<マンションにも取付可能>

天井にローゼット(ハンガー付、耳付き)が付いていれば、天井に傷をつけずにそのまま取り付けできます。

ローゼットとは、天井に取り付けられている照明器具を設置する為の配線器具のことです。

こちらも簡単な工事によって取付可能です。

 

rosette_02.gif

 

siling3.JPG

 

照明器具交換工事や、シーリングファン取付工事、ローゼット配線器具取付工事等のご相談は、お気軽にトラストデンキまでお問い合わせください。

 

当店対応エリアにて、出張調査、御見積作成まで無料で行っております。

 

 

トラストデンキ

 

047-710-5185

 

FACEBOOK

 

LINE